小口切りきゅうりの思い出

Category : 思い
とんとんとん・・



私が小さな頃
母は11人分の食事を作ってた。

いつもお台所で
見てるのが好きだった。

母が切っていくきゅうりが
コロコロ。。
まな板から落ちそうになるのを
逃がしてはいけないと
それを止めたりしてた。

危なっかしいね。。


母は
邪魔よって
決して言わなかった。


きゅうりを切る時
ふっとそれを思いだす。

なんだか・・

今でも
目頭が熱くなってくるの。


Comment

短い言葉ひとつひとつに、
mogyoさんとお母様の優しさを感じます。
感動しました。

やっぱり良いですね、
親子って。

taniさんへ

ふっとしたことで
母を思い出して。。

やっぱり母って偉大です。

そうおっしゃるtaniさんも
お優しい感性をよく垣間みますよ(^^)

似てるなって思ったりしてますもん。

毎回胡瓜の小口切りで
格闘していましたけれども(^^;)

このやさしい思い出話を読んだら
コロコロが
可愛く思えるようになりましたよ♪

maimaigohanさんへ

あの頃の自分も可愛いし(笑)
叱らなかった母もすごいなって
よく思いだす出来事なの。

じゃま!
。。って
言われたら
コロコロ集めてた私
哀しかったに違いないよね。

mogyoさんはいつもお母さまのそばにいたから
お料理上手なのですね!!

じ~~~んと 今日もきちゃいました。。。。

びぎ~さんへ

末っ子だからでしょうか・・
いつも食材買いにもしっかり手を繋いで
ついていきました(^^)

末っ子だからって特別にせず
手の指 どの指も大事。。
4人の子も皆な同じくらい大事。。と
言ってましたね。




非公開コメント

プロフィール

mogyo

  • Author:mogyo

  • ♡ルルド・11歳の頃




     
最近の記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
RSSフィード
アーカイブ
ご訪問ありがとう♪
ブログ内検索