あたふた生活日記

動く作る食べることが大好きな私 mogyo の日々         
TOP思い ≫ お花を供えに。。

お花を供えに。。


はや足だと
義両親のお墓へは
10数分で行ける。

サクサク落ち葉を踏みながらの
近道は
こんもり木々の匂いがする小径。

moblog_ba4e2691.jpg
車だと遠回りだ。

これからはせっせと歩いて
お参りしようと決めた。


夕方
猫のしっぽ カエルの手」の再放送。
(Vol 67 岡山)

エッセイは いつもジーンとくる。


長い年月を経て
私はこの世のすべては
季節と同じく
移り変わっていくのだと実感しました


嵐が過ぎ去るのを待つのではなく
雨の中でも踊ることが人生なのです・・


やっぱりベニシアさん
好きだな。。



思い | Comments(2) | Trackbacks(-)

Comment

No title
編集
お参りよかったね。ご両親もきっと喜んでいること
でしょう。

それにしても、なんという偶然!
私も夕方のベニシア観てました。

「嵐が過ぎ去るのを・・・」
ぐっときて、直ぐメモメモ。
自分への応援メッセージと勝手に解釈しちゃった(笑)
エッセイ、いつもじーんときます。
2014年10月20日(Mon) 04:08
sognoさんへ
編集
ベニシアさんのエッセイ。。

英語力で聞き取れたら
どんなにかいいかっていつも思います。。
sognoさんはわかるんでしょうね・・

とくに
最後の.。。

雨の中でも 踊ることが 人生なのです

すべての人たちが
いろんな形で
自分の今で受けとめたことでしょう。
本当にいい言葉でした。。
2014年10月20日(Mon) 13:31












非公開コメントにする